HOME > 大学院進学希望の方へ > 大学院工学府概要

工学府長挨拶

工学府長 渡邉 正義

工学府長

渡邉 正義

 本学の工学系大学院は博士課程後期(博士号を授与できる課程)の設置が旧制大学以外では初めて認められたことを始め、発足以来常に新制大学の先頭を切って発展してきました。2001年 4月 1日の大学院の部局化により、教育の中心が学部から大学院に移り、工学府が発足しました。大学院部局化も新制大学では初のことです。それまで展開してきた高度な研究と充実した教育が評価されて実現したものですが、工学分野での教育の軸足を大学院に置くことによって、様々な分野を先導する技術者や研究者として活躍できる人材を育成することを目指すものです。

 横浜国立大学は、現実の社会との関わりを重視する「実践性」、新しい試みを意欲的に推進する「先進性」、社会全体に大きく門戸を開く「開放性」、海外との交流を促進する「国際性」を基本理念としています。工学府ではこれらの理念の実現のために、様々な教育改革を行っています。2007年には分野融合型科学技術に対応でき、広い視野を有する実践的な技術者・研究者を育成することを目的としてスタジオ教育を中心とする PED (Pi-type Engineering Degree)プログラムを博士課程前期・後期に設置しました。また、これから益々進むグローバル化への対応を現在進めています。2015年度は一つの節目とも言える年で、この年から大学院の講義をすべて英語で実施しています。また従来より国際会議での発表をはじめ、博士課程前期・後期いずれにおいても大学院生の海外活動が活発に行われてきましたが、2015年度から国際インターンシップを科目として新たに実施しています。この他、工学府と外国の大学の大学院とが協力して学位論文研究を進め、複数の修士号あるいは博士号を授与するダブルディグリープログラムの設置も進みつつあります。「競争的そしてグローバルな環境の中での活気ある教育・研究を実施、国際的に競争力のある研究を展開することを通し有為な人材を輩出する」ことが大学院大学の使命であると思っています。

 工学府では現在博士課程前期で約 750名、博士課程後期で約 150名の学生が約 170名の専任教員のもとで学んでいます。1963年に発足した工学研究科以来の修了者は 15,000人近くになり、世界中で活躍しています。これらの先輩の方々に続く皆さんが、緑あふれる常盤台キャンパスで世界中から集った仲間と共に伝統ある“名教自然”の理念のもとに学業に邁進し、社会のリーダーとなるべき人材として成長されることを期待しています。

工学府長 渡邉正義

PAGE TOP